ビジネスメールを1時間以内で英語に翻訳する

オンライン翻訳ならビジネス用途のメールを迅速に英語へ!

 

ビジネスメールを英語に翻訳する手間から開放されよう

ビジネスメールを英文に翻訳する方法

「海外の顧客とビジネスメールのやり取りをしているけど、いちいち英語に翻訳するのが大変!」

そんなときに頼りになるのがオンライン翻訳サービスです。ビジネスメール程度なら、ほとんどが1時間以内に正確な英語の文章が手に入ります

翻訳はスピードと正確さが命

ビジネスメールを英文に翻訳する方法いくら海外とのやり取りと言えども、ビジネスの現場はスピードと正確さの両立が求められています。翻訳に時間をかけているようでは、優秀なビジネスマンとは言えません。

ネットで「メール 英語 ビジネス」などと検索すると、英文メールの書き方や例文などが表示されます。これらを組み合わせて自己流の英文を作る人もいるでしょう。また、Google Translate(Googleの翻訳サービス)などの機械翻訳を利用する人もいます。

ただし、これらの方法で翻訳した英文メールは、ビジネス用途の文章にはなりません。不自然な言い回しのメールを送信していては、取引先との信頼関係を築くことは難しいでしょう。

一方オンラインで発注する翻訳サービスなら、プロが正確で自然な文章を短時間で作成してくれます。しかも、会社の負担にならないレベルの低料金です。

現代のビジネスマンにとってオンライン翻訳サービスは、もはや欠かせないツールのひとつだと言えるでしょう。

ビジネス用途の英文メールに適したサービスとは

ビジネス目的の英文メール作成ならGengoがおすすめ。オンライン翻訳の例としてGengoというサービスを紹介します。納品スピードと正確さを備えたうえに、業界最安値の料金を実現しています

納品スピード

メール程度なら1時間程度で納品されることがほとんどです(もちろん文章量によると思いますが)。
ネットの評判のなかには、400字弱のメールの翻訳を発注したところ15分後には翻訳結果が届いたケースもあるそうです。隣に座っている同僚に翻訳を頼むような感覚で利用できます。

料金

翻訳料金は1文字2.6円からで、200字ほどのメールなら約500円。今回調査したサービスのなかでは最安値でした。
ビジネス利用でも、負担にならない料金なので手軽に使えます。

クオリティ

Gengoの翻訳は品質が高いと評判です。この納品スピードと低料金にも関わらず、とても自然な英語に訳されています。
登録翻訳者になるためには2段階の試験があり、その合格率は、わずか1割!厳しいチェックをパスした翻訳者が担当するので、品質の高い文章が納品されるようです。

メールとは言え取引先とやり取りをするものですから、納期や料金はなおの事、相手にしっかり伝わる文章であることが最重要です。

ビジネス用途の英文メールにおいては、自己流の翻訳はやめて手軽にプロに依頼することがスマートな仕事スタイルと言えるでしょう。まずはGengoのWebサイトでサービス内容を確認してみることをオススメします。

Gengo 公式Webサイト
(クリックすると新しいウィンドウで開きます)

 
 
ビジネスメールを1時間以内で英語に翻訳する